絵志野茶碗
2022/04/08

今年焼けました最新作の志野茶碗です。土は百草の一番土、釉薬には南木曽の千倉石(川砂)を使用し赤松で二週間焚いています。胴下にくっきりと箆目が入っているのが今回のモデルだそうです。造形、焼き、絵・・・どこまでもナチュラルな志野茶碗です。
ギャラリー窯倉の「茶碗」コーナーでもご覧いただけます。
http://chawan.momoyama-shino.jp/?eid=51

絵志野茶碗
2022/03/12

今年焼けました最新作の志野茶碗です。土は百草の一番土、釉薬には南木曽の千倉石(川砂)を使用し赤松で二週間焚いています。胴下にくっきりと箆目が入っているのが今回のモデルだそうです。一碗の志野茶碗ですが、絵によりましてそれぞれの風情で楽しませてくれます。ずっ〜と絵が続いているので、どの向きを正面にすべきか悩むところです。
ギャラリー窯倉 店長ブログでもご覧いただけます。
http://kamakura-blog.jugem.jp/?eid=1296832

志野茶碗
2022/02/10

火色、白釉、アクセント、貫入、指あとなどがバランスよく配置された志野茶碗です。意図的に出せるものでは無いので、自然の成せる業を実感させられます。

絵志野茶碗
2021/12/29

どこか懐かしい雰囲気の絵志野茶碗で、火色の優しさに癒されます。ギャラリー窯倉の茶碗コーナーで詳細がご覧いただけます。
http://chawan.momoyama-shino.jp/?eid=40

無地志野茶碗
2021/12/02

大らかでフワッと柔らかいイメージで、ほのかな火色に癒される無地志野茶碗です。
ギャラリー窯倉の「茶碗」コーナーでもご覧いただけます。
■茶碗コーナー http://gallery-kamakura.com/new/02/
■この志野茶碗 http://chawan.momoyama-shino.jp/?eid=41

前ページ TOPページ 次ページ

- Topics Board -