与州窯(よしゅうがま) 茶陶展
2023/11/27

「桃山志野現代に焼く」藤田登太郎 茶陶展

 ◆会期◆ 2024年4月15日(月)〜21日(日)
  午前10時〜午後4時
 ◆会場◆ 与州窯(よしゅうがま)     
  愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2
 ※お問合せ0897-40-0226/090-7575-9920

 ★ギャラリー窯倉ブログ&地図★
http://blog.gallery-kamakura.com/?eid=1296993

DМの志野茶碗 銘「福寿海」

茶陶展 御礼
2023/11/14

2023年秋、与州窯での茶陶展を無事に終えることができました。ご来場いただきました皆様、様々なご配慮(致知、徳島新聞、複数の地元情報紙など)で盛り上げてくださいました皆様に心より御礼申し上げます。春に続きましての与州窯での茶陶展ですが関東、関西はじめ県外からのお客様に大勢お越しいただき、志野茶碗だけでなく各種抹茶茶碗やぐいのみなどの作品の多さに驚いていらっしゃいました。
◆ギャラリー窯倉 店長ブログ(2023年11月14日)
http://blog.gallery-kamakura.com/?eid=1296990

◆小泉貴之オフィシャルブログ「大丈夫」
https://ameblo.jp/koizumi-takayuki/entry-12827404947.html
◆だいたひかるオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/daitahikaru-blog/entry-12827412353.html

与州窯(よしゅうがま) 茶陶展
2023/08/28

「桃山志野現代に焼く」藤田登太郎 茶陶展

◆会期◆ 2023年11月3日(金)〜12日(日)
  午前10時〜午後4時 ★6日(月)はお休みです★
◆会場◆ 与州窯(よしゅうがま)     
  愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2
※お問合せ0897-40-0226/090-7575-9920

●藤田先生からのメッセージ動画(YouTube)をご覧ください。
写真は志野茶碗 銘「寒山」です。
https://www.youtube.com/watch?v=JaMjsIEw4l0&feature=youtu.be

●小泉貴之オフィシャルブログ「大丈夫」で茶陶展のご案内をしていただいております。
https://ameblo.jp/koizumi-takayuki/entry-12824203136.html

与州窯(よしゅうがま) 茶陶展
2023/02/02

『桃山志野現代に焼く』藤田登太郎 茶陶展

■ 会期  2023年4月29日(土)〜5月7日(日) 午前10時〜午後4時
■ 会場  与州窯(よしゅうがま) 愛媛県新居浜市萩生字河の北66-2

2023年ゴールデンウイークにあわせまして茶陶展を予定いたしました。東京はじめ各地で開催の『桃山志野現代に焼く』藤田登太郎 茶陶展で展示いたしました銘の付いております志野茶碗が愛媛県の与州窯でご覧いただけます。この機会に、県外の方にも是非遊びにお越しいただきたいと思います。

◆ギャラリー窯倉の店長ブログより◆
《茶陶展のご案内》2023.02.03
http://blog.gallery-kamakura.com/?eid=1296921
《茶陶展を終えて/御礼》2023.05.10
http://blog.gallery-kamakura.com/?eid=1296939

DМの志野茶碗 銘「松山」と、展示風景

府中市郷土の森博物館 茶陶展
2019/04/16

『桃山志野現代に焼く』藤田登太郎 茶陶展

■会場: 府中市郷土の森博物館 [旧田中家住宅 和室]    
  東京都府中市南町6-32  ―博物館入場料 一般300円―

■会期: 2019年11月6日(水)〜10日(日) 9時〜17時(入場は16時まで)
  ※初日は11時〜/最終日は15時まで

※DМ/ポスターの写真は志野茶碗 銘『奥磯(おきそ)』です。

■■■■■■■■■■ 茶陶展御礼 ■■■■■■■■■■

今回、茶陶展会場となりました旧田中家住宅(府中宿の大店)は江戸後期から明治にかけての甲州街道府中宿を代表する商家を復元した建物で、明治天皇の兎狩りの際には休憩所や宿泊所として使われたそうです。

初めての会場でしたのに大勢のお客様にご高覧いただきたいへん有り難く思っております。東京ドームの3倍もあるという広大な敷地内には樹齢何十年もの大木が生い茂り、レトロな建物(かつて市内にあった江戸時代から昭和初期の建物8棟を移築・復元)が点在いたしておりました。
他県からのお客様も多くお越しいただきましたので、府中市郷土の森博物館へは初めてのお客様が多く、落ち着いた雰囲気の中での茶陶展を楽しんでいただけましたようで嬉しく思っております。遠方をわざわざお越しいただきました皆様に感謝です。

前ページ TOPページ 次ページ

- Topics Board -