真珠光沢の志野ぐいのみ
2022/06/22

同じ窯から生れたと思われる志野ぐいのみ3点で小さなサイズ、神秘的な真珠光沢の肌、胴の上に一筆書きが一周施されているなどの共通点がありますが、それぞれの個性が光って、それぞれの魅力で楽しませてくれます。ギャラリー窯倉のぐい呑コーナーに掲載中です。

■志野ぐい呑[374]
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191334
■志野ぐい呑[375]
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191335
■志野ぐい呑[317]
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191274

一番土(百草土)の志野ぐいのみ
2022/06/09

志野茶碗に用いられる百草土100%の一番土を使用し、志野茶碗の中(サヤ、茶碗、ぐいのみの三重構造)で二週間焼かれた一番土の志野ぐいのみで、発色の良い火色に白釉が際立った爽やかさや高台の白い綺麗な土味が特徴で、その高台を中心に胎土と釉薬の境目に見られます赤く焦げた線(鉄足)にもご注目ください。ギャラリー窯倉の「ぐい呑」コーナーに掲載中です。
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191333

金華山窯変志野ぐいのみ
2022/02/24

金華山窯変志野ぐいのみ3点です。金華山の土(既に入手困難)を含んだ百草土が用いられていますが、その含有量も自然に紛れ込んだもののため焼いてみて初めて分かるという唯一無二の希少なものです。この金華山窯変志野の特徴は、見る角度や条件によって異なった表情で楽しませてくれる金色に輝く窯変の起こった神秘的な艶肌で、品の良さが際立った鑑賞に価するぐいのみです。ギャラリー窯倉のぐい呑コーナーに掲載中ですので詳細をご覧ください。
■金華山窯変志野ぐい呑[371]
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191331
■金華山窯変志野ぐい呑[372]
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191330
■金華山窯変志野ぐい呑[370]
http://guinomi.gallery-kamakura.com/?eid=1191332

紫色の瀬戸黒茶碗
2022/02/01

紫色に発色した珍しい瀬戸黒茶碗(置き黒)で、雅な雰囲気が素敵です。光加減によって様々な表情で楽しませてくれます。ギゃラリー窯倉の「茶碗」コーナーにも掲載中ですのでご覧ください。
http://chawan.momoyama-shino.jp/?eid=47

瀬戸黒茶碗と黄瀬戸茶碗
2022/01/25

唯一無二という言葉がふさわしい個性的な瀬戸黒茶碗(置き黒)2碗と条痕が印象的な黄瀬戸茶碗です。同じお茶碗ながら異なった雰囲気の写真が、ギャラリー窯倉のブログでもご覧いただけます。
http://blog.gallery-kamakura.com/?eid=1296821

前ページ TOPページ 次ページ

- Topics Board -